インスタグラム、はじめました

育休からの活動復帰に伴い、インスタグラムをはじめました。今のところは作品画像と展覧会情報を中心に更新していく予定です。インスタグラムでは展覧会の在廊の状況などを比較的リアルタイムでお知らせできるかなと思っています。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。 インスタグラムアカウント  masami_yamamoto_lnmy https://www.instagram.com/masami_yamamoto_lnmy/

保育園

4月から始まった娘の慣らし保育も順調に進み、無事通常保育へと移ることができました。同時に私も本格的に制作復帰となりました。今後の展覧会に向けて準備を進めています。 5月生まれの娘はもうすぐ11カ月。産後3か月が経ったころから活動復帰について考えはじめ、保育所に預けるか子育てに専念するかということから、私の就労条件で保育園に入所することができるかどうかなど考えると眠れなくなることもありました。(その後、役所の子育て支援課で相談にのってもらい不安がかなり解消されました。) 幼い子供を保育所に預けるのはかわいそうということを耳にすると、やはり心が揺すぶられます。幼稚園に入れるようになるまで子育てに集中しようかと思うこともありましたが、自分自身で考えた末、娘を保育所に預けて活動に復帰することを選びました。 子育てに関していろいろな意見がありますが、こればかりは正解がないのだと思っています。人の生き方や働き方がこれだけ多様なのだから子育ての仕方ももっと多くの選択肢があって良いはずだと。子育てに集中すると決めて専念されている方も大変苦労されて頑張っている。お仕事と子育てを両立されている方も大変だし、頑張っていらっしゃる。どちらか一方がより良いということはなくて、その人の「生き方」なのです。その子にとって親は両親であって、他の人が変わることはできません。その両親が選んだ生き方です。 自分の子育てが上手くいったのかどうかは、子供が出すサインをしっかり受け止めながら、成長した結果を見届けるしかないのでしょう。 地方都市に住んでいるため、比較的保育所に入りやすいということもありました。活動復帰を報

3331アートフェア

先月、東京の3331Arts Chiyodaにて開催された3331アートフェアが育休明けの復帰第一弾の展示となり、会場のスタッフの方々やお世話になっているギャラリーのみなさんに助けていただきながら、無事に会期を終えることができました。フェア会場にも数日在廊いたしまして、東京での展示でこれまでの展覧会からずっと見に来てくださっている方や初めてお会いする方など、沢山の方々にお会いすることができ、とても充実した会期となりました。一年ほど活動を休んでいたので、久しぶりにお顔を拝見できた方々もいらっしゃり、何だか久しぶりに親戚に会ったような、そんな気持ちがして嬉しかったです。足をお運びくださった皆様に心よりお礼申し上げます。 また、今回のフェア会場には他の参加アーティストの方も多く在廊されていて、ブースで分かれているようなフェア会場ではなかなかお話ができないのですが、アーティストの方にもいろんなお話を伺うことができたことも私にとって、とても印象的でした。制作や作品のお話を聞かせてくださったアーティストの皆様、本当にありがとうございました。 今回はじめて3331アートフェアに参加しましたが、若手アーティストを中心としたエネルギッシュでフレッシュな、ここでしか見られない作品が見たいとお越しになっている方が多くいらっしゃり、小さなお子さん連れの若いお客さんも多く、とても活気があるように感じました。今回は東日本大震災の復興支援チャリティーのシークレットオークション(入札状況がシークレット)が開催され、アーティストの作品を自分の希望価格で購入できるかもしれないというこのようなエキサイティングなイベ

趣味(2018年2月の記事)

作品を作る者としてアートに携わる、という私自身が一番熱中できることを生業にしようとしていて、純粋に楽しむことを目的にした趣味が自分にはないのではないかとうっすら気が付いている。 本を読むのは好きだけれど、もの凄い遅読で読んだことのほとんどをすぐ忘れてしまう。紙に印刷された文字とか、開かれた本のページとかそういう言語の空間もとても好きで、言葉にも少しだけこだわりがあるけれど、読書が趣味だとは恐れ多くてとても言えない。映画も好きで学生時代はいろいろ見ていたけれど、映画好きな人たちと話ができるほどマニアックでもなく、このところの忙しさにゆっくり映画を見ることも少なくなった。 旅行も大好きで、学生時代はトルコを皮切りに留学も含めて、フランス、ベルギー、ドイツ、イタリア、ギリシャ、イギリス、フィンランド、台湾などを訪れた。どれも素晴らしい大切な思い出だけれど、世界何十カ国を死にそうになりながらバックパックで行って来ましたという人の前では、私の旅行なんてほんの物見遊山でしかないような気もするし。(トルコに再び行ける日を夢見ている。国内もまだまだ訪れていないところは沢山あって行ってみたい。) どうやら私はマニアックに何かに集中する人間ではないようだ。 そんなことを考えながら暫く過ごしていたら、これはもしかしたら趣味と言えるのではないかというふたつのことに思い当たった。 ひとつは古物漁り。アンティークというような高級なものではなく、中古品店やがらくた市、条例が改正される前は、粗大ごみなど、何か面白いものがないかなーと眺めるのが好きだった。これは半分は作品のアイデアやモチーフを探しているというこ

変わること、変わらないこと (2012年12月の記事)

今年の春に誕生した娘ももうじき7か月になり、意思疎通のようなものが活発になってきて、子育てを楽しいと思えることも増えてきた。これまでは、娘がいくらかわいくても大変さの方が上回り、楽しいと思える余裕がなかったように思う。 子供を産む前は、女性が妊娠出産を経て変わる感覚があるのかどうかということに興味があり、出産をした友人によく訊いていた。ひとりのアーティストの友人は、自分の中の変わらない部分への自嘲の気持ちもあったのか「子どもを産んだくらいでは人はそう簡単に変れへんよ」と話してくれ、私はそんな彼女をむしろ頼もしく感じ、何だか励まされたような気がしていた。 そして子供を産んで、彼女の言葉になるほどと思った。子供が生まれると、生活が子供を中心に周りはじめ、一変する。しかし自分のなかの図太い部分は依然として、でん、と居座り続けている。さすがに子供には譲って真ん中からちょっと外れたところに相変わらず居る、 そんな感じだろうか。 妊娠、出産という経緯のなかで「制作や発表を止めてしまうのではないか」「今までと作風が大きく変わってしまうのではないか」という心配に近い気持ちを表現されることもある。子育てに集中したいと、今まで積み上げてきたキャリアや活動を中断する人もいる。その気持ちもよく分かる。そうしたいと思わせるほど、やはり子供の誕生は衝撃的で、感動的で、この存在のために尽くすことを掻き立てる強い何かがあるのだろう。一つのことに全力で取り組む一点集中型のタイプの人は特にそうかもしれない。私もどちらかと言えば、あまり沢山のことを同時に上手にこなすことはできないタイプかもしれない。幸運にも今までや

ブログ更新しました

昨年の5月に長女を出産しました。この4月から保育園に通うことができるようになり、私も本格的に制作・発表活動に復帰できることとなりました。これまで書きたいことは沢山あったのですが、ブログを更新する時間をとることができず、見に来てくださった方には申し訳ありませんでした。少し前の記事ですが、子育ての合間に書いていたものもアップしたいと思います。

Recent Posts
Archive