夢の夢 奥の奥 残りの火 中嶋夏さん舞踏公演




English follows Japanese 


4月22日(日)に開催される舞台イベントのお知らせです。


日本独自の身体表現として世界的な評価を確立し、現在も国内外で注目され続けている前衛芸術「舞踏」の第一世代として今なお現役で活動する中嶋夏さんの舞踏公演に拙作「わたしのひふはおもたい」(2021年制作)が空間を共にさせていただきます。


石黒ビルヂングは18代目石黒傳六(でんろく)が「関西建築界の父」と呼ばれる建築家・武田五一に設計を依頼し、1926年(大正15年)に建てられた鉄筋コンクリート造の3階建てのビルです。こちらのビルは地下もあり、今回はこの地下室の一室が踊りの舞台となります。地下室は非常に重厚な空間で、ディレクターの中森あかねさんは「ゲットーのような」とこの空間をフライヤーテキストのなかで表現しています。奇しくも、ロシアによるウクライナ侵攻が2月末に始まりました。多くの市民が地下シェルターで過酷な日々を送っていること、戦場となっているウクライナの地の人々と平和を想いながらの上演となることでしょう。


中嶋夏さんという稀有な素晴らしい舞踏の表現者と空間を共にご一緒させていただけることを非常に光栄に感じています。


土方巽と大野一雄に師事し、50年以上踊り続けている中嶋夏さんの祈りのような舞台をぜひご高覧ください。


I'm pleased to announce a stage event to be held on Sunday, April 22.


My work "My skin is heavy" (produced in 2021) will share the time and the space with ''Butoh'' performance by Natsu Nakajima, who is still active as a member of the first generation of ''Butoh'', an avant-garde art form that has established an international reputation as a unique Japanese physical expression and continues to attract attention in Japan and abroad.


The Ishiguro Building is a three-story reinforced concrete building built in 1926, designed by Denroku Ishiguro, the 18th generation, who commissioned architect Goichi Takeda, known as the "Father of Architecture in Kansai-,Region," to design the building. This building also has a basement, and one of the rooms in this basement will be the stage for the performance this time.


The basement is a very massive space, and the director, Ms. Akane Nakamori, describes it in the flyer text as "like a ghetto''. Coincidentally, the Russian invasion of Ukraine began at the end of February. Many civilians are living harsh days in underground shelters. This performance will be performed with thoughts of peace with the people of Ukraine, which has become a battleground.


I feel very honored to be able to share the space with such a rare and wonderful artist as Natsu Nakajima.


Please come and see the performance like a pray by Natsu Nakajima, a rare artist who studied under Tatsumi Hijikata and Kazuo Ohno and has been dancing for more than 50 years.


※石黒ビル参照元:近代建築写真室@武蔵野台地、北国新聞 「石黒ビル、公開スタート 金沢・尾張町 梁に模様、裸婦のレリーフ」 




場所 金沢尾張町1-10-5 石黒ビル


出演 中嶋夏 中村大輔


日時 2022 年4月24日(日)


受付 14時 

   上演 15時ー16時半 

   アフタートーク有


ワークショップ 定員15名

   4月23日(土)

14時ー17時

   金沢市民芸術村マルチ工房 

   (金沢市大和町1-1

    TEL 076-265-8300)


主催 彗星倶楽部 Art and Architecture

助成 公益財団法人 澁谷学術文化スポーツ振興財団

舞台協力:山本萌(金沢舞踏館)

照明:宮向隆 松本拓也(金沢舞踏館)

撮影:池田ひらく 

   Nik van der Giesen

音響:森紀浩(Modrilla Studio)

フライヤー:戸田秀明(Blue)

美術作品 山本優美

協力:Gallery OUT of PLACE






Recent Posts
Archive