わたしたちの心臓は時を刻む Our hearts Beat



彗星倶楽部にて開催される展覧会「わたしたちの心臓は時を刻む Our hearts Beat」に参加させていただきます。彗星倶楽部は金沢駅から徒歩10分ほどのところにある町家が三軒並ぶ長屋の一軒を改装したオールタナティブスペースで、金沢では数少ないコンテンポラリーアートを発信している稀有なスペースです。




このたび女性作家数名による展覧会を開催します。金沢市在住の小島ゆかり、下出和美、山本優美、中森あかね、以上4名に加え1939年に生まれ多摩美術大学を卒業、読売アンデパンダン展、ネオダダオルガナイザーズのメンバーとして活動し49歳でこの世を去った岸本清子の作品を展示いたします。

予測できない世界を私たちは生きています。この変革の時に私たちは何をすべきでしょうか。嘆くことでしょうか、祈ることでしょうか、待つことでしょうか。嬉しいとき、悲しいとき、満たされないとき、憤るとき。

どのようなときも創造はわたしたちとともにあり、わたしたちから離れることはありませんでした。そしてこれからもわたしたちはそれを続けていくのです。




先日、搬入に行ってきました。彗星倶楽部のディレクターでアーティストの中森あかねさんのディレクションにより、それぞれのアーティストの作品が密やかにリンクし合って、女性の無意識の夢の中に入り込んだかのような、そのような展覧会になるのではないかと今からオープンが楽しみです。


全国の都市部を中心に非常事態宣言がいまだ解除されないなかではありますが、来場者の密を避け、感染対策を行いながら開催いたします。ご覧くださる方々が、この新型コロナの感染拡大の厳しい時代状況に緊張した心を、静かにそっと解きほぐすことができる、そのような展覧会となりましたら幸いです。



会場の様子をインスタグラムでもご紹介していきます。

https://www.instagram.com/masami_yamamoto_lnmy/



Recent Posts
Archive