いただいたお葉書&お手紙シリーズ

文通好きです。以前にこちらのブログでも書きましたが、五本の指で数えられる程度の、精鋭文通好きの友人と折々お手紙や葉書のやりとりをしています。手紙を書くのは楽しい反面、とても時間とエネルギーが要るので、お互いに時間に余裕があるときという暗黙の了解のうち、手紙を書きたくなったときにゆるゆると交信しています。最近は私からの交信が途絶えています。(友人、なかなか便りできず、ごめん) 写真は昨日いただいたお葉書とお手紙。 前述の文通精鋭部隊以外にも、様々な方へお礼や近況報告に葉書を出したり、いただいたりします。 不思議とお手紙をいただくタイミングが重なることも多く、いつも郵便受けに届いた色とりどりの封筒や葉書にドキドキし、お手紙を読んで気軽な励ましをもらっています。

キュレーション公募 2020

富山県南砺市のギャラリー無量さんで、キュレーションの公募が始まっています。 今回の公募に向けてのプレイベントが3年にわたって2017年から開催され、第一回「越後正志 抜け穴」/ キュレーション鷲田めるろさん、第二回「山本優美 間あわいについて」/ 尺戸智佳子さん、そして10月4日からは長谷川新さんのキュレーションによるプレイベント第三回「STAYTUNE/D」が開催されます。 アーティスト自身による展示プランを審査するコンペなどはありますが、無量さんのコンペはキュレーションを問うということで、展覧会のテーマやコンセプトについて、日本の現代の社会状況への眼差しや北陸地方の富山という地方とアートの関係性、その土地の歴史や記憶・・はたまた敢えてそれらとリンクさせないのか・・・様々な提案や問いかけによる提案が「妄想」されます。どのような企画が実現されるのか、楽しみに注目していきたいと思います! 応募の締め切りは2019年11月22日(金)です。詳細はギャラリー無量のウェブサイトよりご確認ください。 https://www.gallery-muryow.com/occ2020

Recent Posts
Archive